食品や医薬品の多くはバイオテクノロジーを利用して作られています。私たちの研究室では、食品やバイオ医薬品を構成する蛋白質、核酸、多糖、などの生体「高分子」の溶液やゲルの物性、構造、機能を理解し、高品質で安全な食品や医薬品の創出に貢献することを目標に研究を行っています。

こうした研究のために、超遠心分析や粘弾性測定といった成熟した物理化学的手法と質量分析などの最先端の計測手法による総合的解析を行っています。
また、食品には欠かせない「酵母」を産業に利用するための基礎研究にも取り組んでいます。

4つの研究分野

1.高品質なバイオ医薬品のための物性研究
Biophysical chemistry based biotechnology for biopharmaceuticals with high quality

2.食品の物性と機能についての研究
Biophysical chemistry based biotechnology of macromolecules in food

3.酵母バイオテクノロジー
Yeast biotechnology

4.方法論・測定法開発
Methods development